塾の先生のつぶやき

<< 事実は小説より奇なり 「疑惑か真実か」 | main | はしゃぎすぎにわかサポーターと責任をとらない権力者たち >>
支離滅裂だけど…責任を負いたくない日本の権力者たち

支離滅裂だけど!…外交関係になると内閣支持率が上がる変な国日本

 

イラク日報問題(昨年、処分されたと国会で発言していたが、今年になって見つかった問題)で、自衛隊幹部らがその責任をとらされる形で処分された。そして、日報がない、処分したなどと当時責められていた元稲田防衛大臣の責任はないと結論付けられた。憲法9条に抵触する問題だったが、昨年の選挙で、自民党圧勝して終わり安倍政権続投が決まったその翌年に日報が見つかった?そして、この処分だ。上層部が責任をとらない国日本。部下に責任を押し付ける慣行はいつまで続くのか?潔くない、卑怯で格好悪い!「武士道」を著した新渡戸稲造がこのことを知ったら悲しむだろう…

 

レスリング協会のパワハラ問題、今回のアメリカンフットボールの試合で起こった日本大学内田監督のパワハラ問題、結局、世の中の権力者の構図は政治でも、スポーツでも、どこでも同じように思われる。

 

「勝てば官軍、負ければ賊軍」「長い物には巻かれよ」そして、「沈黙は金 雄弁は銀」なのか…「正直者は馬鹿をみる」…「嘘も方便」…「無理が通れば道理引っ込む」…

 

一般人がこの世に生きるとはこんなにも儚いことなのか?ああ無常!

 

森友問題や加計学園の問題が長引いても、安倍内閣も、麻生太郎もビクともしない…野党の国会審議拒否は長引けば長引くほど、批判される。安倍首相のしたたかな戦術に国民はなすすべがない。逆に政治に対して無頓着・無関心にならざるを得ない状況を生んでいるのではないか?結局、様々な形で報道されているが、安倍政府を倒せない現実に、国民は政治に対して、しらけムードが漂っている。新しい事実が暴露され、2年以上もマスコミが報道しているのに…国際情勢を盾に支持率を上げようとして盛んにアピールしているが、世界はそんなに甘くない。それでも、いいタイミングで北朝鮮が騒動を起こしてくれている。国民の税金で、ゴルフをやり、国民の税金でトランプ大統領にお土産を渡し、国民の税金でアメリカから最新鋭の武器(イージスアシュア2基=1基1000億円とも)を購入しようとしている。「死の商人」アメリカ大統領の犬となりさがっている日本の代表はどこを向いて政治をしているのか?安倍や麻生の友達に便宜を図り、公務員には忖度を要求し、これでは民主主義の仮面をかぶった独裁政治ではないか?野党の事を批判する評論家がいるが、与党内も貧弱だと言わざるを得ない。おかしいことはおかしいと、ダメなものはダメと上司に言える政治家が自民党内にもいない。派閥の論理と昔、派閥争いをしていた自民党の方が良かったのではないか?一人の人間が絶大なる権力を持つことの危険性を今、国民は体感しているのではないか?何とかしなくては…どうやって?

 

国民主権とは何か?民主主義とは何か?多数決の原理とは?過半数とは?

 

政治家と大企業の癒着、昨年、政府専用機に大企業の幹部を乗せて、世界各地へ原子力発電、新幹線、その他の商品を売り込んできた。その見返りに、社員の賃金を上昇させ、デフレ脱却をして、借金を目減りさせる。そして、北朝鮮の動きを見て、アメリカの最新兵器の購入を決定した。トランプ大統領との蜜月ぶりを強調し、国際情勢に置いて蚊帳の外にならないように必至にアメリカにアプローチをしている。自分の足元で起きている事を忘れさせるかの如く。

 

公務の文書を改ざんし、情報を与える見返りにセクハラを強要する不祥事を起こしても、きちんと約5000万円の退職金を出す現在のシステム、一応責任を取って60万円の減額?一般企業なら懲戒処分だよね・・・

 

あ〜嫌な世の中だよ…国民は、国から超高齢化社会を迎え社会保障費が激増するから増税を強いられ、マイナンバー制で国民の情報(財産も含む)をすべて管理される。

何で税金を納める必要があるのだろうか?誰のために税金を納めるのか?「国家を形成し、国を守るからだ!」「世の中すべての人の生活の安定のためだ」とそんな正論がまかり通る。

 

でも、私たちにとって本当にそれが必要なのだろうか?例えば、高速道路、飛行場、発電所、鉄道などの社会インフラ…普通の道があればそれで生きていける。外国に行かなくても普通に生きていける。電気がなくても火があれば生きていける。車がなくても馬がいる。…そんなに急がなくても…医学の進歩が人類の危機を生んでいる。昔だったら死んでいたのに、車いすの生活、家族とではなく施設での生活を強いられる。昔だったら死んでいたのに、平均寿命がどんどん延びて介護が必要な人が増大する。「人の命は地球より重い」とまたまた正論をいう輩がいる。人の命などアクシデントが起きればひとたまりもない。自然災害もしかり、人の運命としか言えない。どんなに正しく生きても、どんなに悪く生きても、どんなに人の為に生きた人でも、どんなに人を裏切ってきた人でも、運命は同じだよ。

 

だからね、今生きている人が、今、楽しく、豊かに、みんなで生きるために、自分勝手な人たちを、権力を自分のために使う人たちを、国民みんなで葬り去らなければならないと思う。

 

西郷隆盛はそう言う意味で、立派な政治家であり、指導者であったと思う。彼は権力をもっても贅沢はしていない。常に誰かの思いを受け止めていた。そして、反乱を起こした責任をとって自害した。彼を慕った士族たちのために…最近では、やはりウルグアイの世界で最も貧しい元大統領ホセ・ムヒカ氏みたいな人が日本にも現れないかなあ?

とら | 18:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/156



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.