塾の先生のつぶやき

<< 第4次安倍政権発足! | main | 今回の相撲界の事件について思うこと >>
英語検定を公立学校で必修化する必要はあるのか?

某学習塾で「英検の大切さ」をうたった記事を掲載していました。

 

日本人は中学・高校・大学と10年間も英語を習っても全く英語が話せないという指摘を海外からよく受けます。では、なぜこんなに英語を勉強しているのに英語が話せないのでしょうか。それは「楽譜が読めてもピアノが弾けない」と揶揄されるように、これまで文法・読解に偏った英語を勉強してきたから実生活で英語でのコミュニケーションができないのです。英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランス良く習得しないと真の英語力はつかないのです。 そこで大事になってくるのが英語4技能の能力を測定できる実用英語技能検定すなわち「英検」なのです。

英検を取得して得をするのは、まず高校入試です。神奈川県の高校入試では、私立を併願する生徒がほとんどですが私立を受験する際に英検を取得しているとポイントが加算されるのです。さらに、中学受験や大学受験でも英検のポイント加算の動きが広まっています。また、文部科学省も「民間の資格・検定試験の活用」を促進しております。つまり、学校の試験では英語の能力を正しく測定出来ないので英検を利用して英語力を測定して下さい、ということです。

新学習指導要領では、中学生までに学習する単語数が約2倍になります。単語の数が多くなるということは学習内容の難易度が上がることを意味します。つまり、これまでよりレベルの高い英語を学習しなければならなくなり、早くから英語力を養っていくことが大事になります。その対策として英検はまさに打ってつけと言っていいでしょう。

現行の中学生1200語 → 小学生で600語 中学生で1600語 計2200語に

2018年度から小5・小6で英語が教科として先行実施され、そして2020年度からは全面実施となります。 自分の実力の指針として英検の級で自分の実力を測ることにより、積極的に上位の級に挑戦し合格していくことで英語力が身についていきます。また、新しい入試制度においては自分の英語スキルを知ることが非常に重要になると考えられます。 それは、CES2.0の導入により英語4技能のそれぞれのスコアがわかるようになったからです。今後、入試に実用英語技能検定を採用し、その基準を英検CSE2.0スコアで掲示する大学がますます増加していくことが予想されます。CES2.0スコアを見て自分の弱点がわかれば対策や改善がしやすくなります。
めまぐるしい変化を続ける教育行政の中で、早くから英語の実力を身につけることは先々とても有利になります。皆さんも是非、英検で英語の実力を伸ばしていきましょう。

 

横浜市の公立中学校では、最近、英検を必修として生徒たちに義務づけています。

 

国会議員や高級官僚の中で何人が流暢に英語を話せるのか?まして、文科省の役人ですら

おそらく全員が英語を流暢に話せないのではないか?にもかかわらず、「国民のため」とか、「将来の日本のため」とか大義名分をかざして、英検を重要視するのはなぜか?それは、公務員の天下り先を増やすこと。その一点です。そこに、多くの学習塾が「長い物には巻かれよ」的にこれでもかと生徒獲得のために文科省の方針に従って動くのです

 

まず、日本の代表である安倍首相や麻生副総理が英語を話せないのでは、このような政策もまったく本末転倒であると思います。英語が話せなくても、日本の総理大臣になれるし、その奥さんもファーストレディーになれるのです。多くのお金(税金)と時間を費やしてまで、英検を導入する必要はないのです。多くの学習塾が英検を利用し「長いものに巻かれろ」的な感覚で利益を貪る構図をつくろうとしています。

 

教育に、もう利益を貪る構図をつくるのは止めた方がいいと私は思っています。以前、漢字検定協会の理事長が、私腹を肥やして豪邸にすんでいたという事件がありました。○×検定とはそういう輩の温床なのです。このような構図では教育費が増大するだけです。そして、各家計の経済格差が子どもたちの学力の格差につながっていきますから…

 

医療関係による利益貪りの構図…例、患者の水増し請求やお年寄りに無駄な治療や薬剤を購入させ、税金を貪る構図

福祉に関係による利益貪りの構図…例、施設利用者の水増しや職員の賃金を安くすることで税金を貪るなど(人件費が安い、外国人労働者を雇っている)、福祉用具を数多く提案し、安く貸し出すことで利益を貪る

 

公共的意味合いが多い現場でのこうした、税金泥棒が横行しているのが現実なのです。教育もそう言う現場だということを理解しなければなりません。義務化されていることが、その温床になっているのです。

 

教科書会社、教育関連産業(ベネッセなど)、学校設備を売る会社などなど、様々なところで税金を貪る輩がいます。教育という現場の生徒を使って…そして、それらの会社に公務員が天下りしていくのです。

 

もっとも公平で、もっとも公正の場所でもっともらしい大義名分(理屈)を操って、税金を貪っているのが、日本の現実です。

今後、英会話が必要な社会になっていくことは確かです。自分の意見や考えを英語で相手に伝えなければ仕事にならないかもしれません。しかし、「英検」をお金をかけてまで公立学校の中で勉強させることが本当に将来役立つのかは疑問です。実際、大学ではトーイックやトフルの得点が大学留学に使用されています。「英検」ではありません。(今後は分かりませんが…)まして、日本語も怪しい小学校に英語を勉強させることがどれだけ価値があるのか?

 

語学の習得は「習うより慣れろ!」が基本です。よって、毎日英語を使う環境が必要なのです。以前、朝鮮初級(小学校)学校に通っていた生徒(在日韓国人)が私の塾にいましたが、彼女は、日本語はもちろん、朝鮮語も完璧でした。それは、学校内では必ず朝鮮語で授業がされていたからです。英語を流暢に話せない教師たちに教えてもらっている日本の学校では意味がありません。まして、小学校の教師で英語を話せる人が何%いるのか。正直、教師全員がすべての科目で、英語で授業できなければ意味がありません。ですから、日本の学校の授業だけで英語能力を上げることは不可能なのです。

 

小学生のうちは、英語教育よりも、国語力を伸ばす方が大切です。そもそもゲームに夢中になり過ぎて、本を読まない子が増えているこのご時世です。読書を日常化できる教育指導の確立が急務だと思います。そろそろ国民的レベルでそのことに気づいて欲しいものです。

 

あなたの周りにどれくらい英語を流暢に話せる人がいますか?

 

以前ノーベル賞を受賞した科学者の一人が、「英語を話せなくてもノーベル賞をもらえた」とコメントしていましたね!…そうです、英語はあくまでコミュニケーションの手段でしかありません。

大切なのは、英語を話せることではなく、その人個人の才能(個性)なのですその才能(個性)をどうやって伸ばすかが教育の目的です。私たちはその才能を開花させるための正しい勉強の方法を子どもたちに教えている学習塾です。

英語検定を公立学校で必修化する必要はあるのか?

 

某学習塾で「英検の大切さ」をうたった記事を掲載していました。

 

日本人は中学・高校・大学と10年間も英語を習っても全く英語が話せないという指摘を海外からよく受けます。では、なぜこんなに英語を勉強しているのに英語が話せないのでしょうか。それは「楽譜が読めてもピアノが弾けない」と揶揄されるように、これまで文法・読解に偏った英語を勉強してきたから実生活で英語でのコミュニケーションができないのです。英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)をバランス良く習得しないと真の英語力はつかないのです。 そこで大事になってくるのが英語4技能の能力を測定できる実用英語技能検定すなわち「英検」なのです。

 

英検を取得して得をするのは、まず高校入試です。神奈川県の高校入試では、私立を併願する生徒がほとんどですが私立を受験する際に英検を取得しているとポイントが加算されるのです。さらに、中学受験や大学受験でも英検のポイント加算の動きが広まっています。また、文部科学省も「民間の資格・検定試験の活用」を促進しております。つまり、学校の試験では英語の能力を正しく測定出来ないので英検を利用して英語力を測定して下さい、ということです。

 

新学習指導要領では、中学生までに学習する単語数が約2倍になります。単語の数が多くなるということは学習内容の難易度が上がることを意味します。つまり、これまでよりレベルの高い英語を学習しなければならなくなり、早くから英語力を養っていくことが大事になります。その対策として英検はまさに打ってつけと言っていいでしょう。

現行の中学生1200語 → 小学生で600 中学生で1600語 計2200語に

2018年度から小5・小6で英語が教科として先行実施され、そして2020年度からは全面実施となります。 自分の実力の指針として英検の級で自分の実力を測ることにより、積極的に上位の級に挑戦し合格していくことで英語力が身についていきます。また、新しい入試制度においては自分の英語スキルを知ることが非常に重要になると考えられます。 それは、CES2.0の導入により英語4技能のそれぞれのスコアがわかるようになったからです。今後、入試に実用英語技能検定を採用し、その基準を英検CSE2.0スコアで掲示する大学がますます増加していくことが予想されます。CES2.0スコアを見て自分の弱点がわかれば対策や改善がしやすくなります。
めまぐるしい変化を続ける教育行政の中で、早くから英語の実力を身につけることは先々とても有利になります。皆さんも是非、英検で英語の実力を伸ばしていきましょう。

 

横浜市の公立中学校では、最近、英検を必修として生徒たちに義務づけています。

 

国会議員や高級官僚の中で何人が流暢に英語を話せるのか?まして、文科省の役人ですら

おそらく全員が英語を流暢に話せないのではないか?にもかかわらず、「国民のため」とか、「将来の日本のため」とか大義名分をかざして、「英検」を重要視するのはなぜか?それは、公務員の天下り先を増やすこと。その一点です。そこに、多くの学習塾が「長い物には巻かれよ」的にこれでもかと生徒獲得のために文科省の方針に従って動くのです。

 

まず、日本の代表である安倍首相や麻生副総理が英語を話せないのでは、このような政策もまったく本末転倒であると思います。英語が話せなくても、日本の総理大臣になれるし、その奥さんもファーストレディーになれるのです。多くのお金(税金)と時間を費やしてまで、「英検」を導入する必要はないのです。多くの学習塾が英検を利用し「長いものに巻かれろ」的な感覚で利益を貪る構図をつくろうとしています。

教育に、もう利益を貪る構図をつくるのは止めた方がいいと私は思っています。以前、漢字検定協会の理事長が、私腹を肥やして豪邸にすんでいたという事件がありました。○×検定とはそういう輩の温床なのです。

 

医療関係による利益貪りの構図…例、患者の水増し請求やお年寄りに無駄な治療や薬剤を購入させ、税金を貪る構図

福祉に関係による利益貪りの構図…例、施設利用者の水増しや職員の賃金を安くすることで税金を貪るなど(人件費が安い、外国人労働者を雇っている)、福祉用具を数多く提案し、安く貸し出すことで利益を貪る

 

公共的意味合いが多い現場でのこうした、税金泥棒が横行しているのが現実なのです。教育もそう言う現場だということを理解しなければなりません。義務化されていることが、その温床になっているのです。

 

教科書会社、教育関連産業(ベネッセなど)、学校設備を売る会社などなど、様々なところで税金を貪る輩がいます。教育という現場の生徒を使って…そして、それらの会社に公務員が天下りしていくのです。

 

もっとも公平で、もっとも公正の場所でもっともらしい大義名分(理屈)を操って、税金を貪っているのが、日本の現実です。

 

今後、英会話が必要な社会になっていくことは確かです。自分の意見や考えを英語で相手に伝えなければ仕事にならないかもしれません。しかし、「英検」にお金をかけてまで学校教育の中で勉強させることが本当に将来役立つのかは疑問です。実際、大学ではトーイックやトフルの得点が大学留学に使用されています。英検ではありません。(今後は分かりませんが…)まして、日本語すら怪しい小学校に英語を勉強させることがどれだけ価値があるのか?

 

語学の習得は「習うより慣れろ!」が基本です。よって、毎日英語を使う環境が必要なのです。以前、朝鮮初級(小学校)学校に通っていた生徒(在日韓国人)が私の塾にいましたが、彼女は、日本語はもちろん、朝鮮語も完璧でした。それは、学校内では必ず朝鮮語で授業がされていたからです。日本のように英語を流暢に話せない教師たちに教えてもらっているのでは意味がありません。小学校の教師で英語を話せる人が何%いるのか。正直、教師全員がすべての科目で、英語で授業できなければ意味がありません。ですから、日本の学校の授業だけで英語能力を上げることは不可能なのです。

 

小学生のうちは、英語教育よりも、国語力を伸ばす方が大切です。そもそもゲームに夢中になり過ぎて、本を読まない子が増えているこのご時世です。読書を日常化できる教育指導の確立が急務だと思います。そろそろ国民的レベルでそのことに気づいて欲しいものです。

 

あなたの周りにどれくらい英語を流暢に話せる人がいますか?

 

以前ノーベル賞を受賞した科学者の一人が、「英語を話せなくてもノーベル賞をもらえた」とコメントしていましたね!…そうです、英語はあくまでコミュニケーションの手段でしかありません。大切なのは、英語を話せることではなく、その人個人の才能(個性)なのです。その才能(個性)をどうやって伸ばすかが教育の目的です。

 

私たちはその才能を開花させるための正しい勉強の方法を子どもたちに教えている学習塾です。ですから、当学館では英検・漢検の類は一切やっていません。もちろん、やりたければ自分でやればいいのです。そうです。自分で取り組む方法や手段を港北学館は伝えているのです。無駄な費用や時間をかけずに効率の良い勉強方法が確立していれば、自分の人生を自分で切り開けるのですから…

教育 | 11:24 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/151



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.