塾の先生のつぶやき

<< 衆議院解散の暴挙! | main | フェイクニュース合戦?の選挙戦! >>
注意してくいださい!本題をすり替える与党議員たち!

みなさん!注意してくださいよ!

今回の選挙の大義は加計・森友問題を隠蔽した安倍自民党政権の是非ですぞ!

そして、「飼い犬に手を噛まれる!」小池都知事!

 

今回の解散における、国民の審判は加計、森友学園問題の是非を問うことにあります。決して消費税とか、憲法改正、政権交代ではありません。第2次安倍内閣が突然の解散劇に打って出たのです。民進党の失速、小池都知事の国政参加に対する準備不足につけこんで、安倍氏が喧嘩を売って出たのです。もちろん、今までの疑惑の隠蔽工作のためです。

 

テレビなどでいろいろな報道がなされていますが、安倍政権が続くか、崩壊するかの選択なのです。小池百合子氏の政権交代劇ではありません。だから、小池氏は100%選挙に出ませんと言い続けているのです。いいですか、安倍首相は今までに前例のないことをして政治を推し進めてきたのです。法律に触れなければどんなことをしてもOK…今回の突然の解散劇もそうです。大義名分のない解散、理由の分からない解散で国民の税金が632億円動くのです。その奇襲攻撃に対して小池氏が喧嘩を買った形なのです。安倍氏率いる自民党が過半数割れをしたら、安倍氏はその責任をとらなければなりません。もちろん、そうなれば、今までの安倍氏の疑惑を正す国会が開かれるはずです。みなさんが、安倍氏の疑惑を解決して、公務員の忖度を辞めさせたいと望むなら、自民党が負けるしかないのです。過半数割れという現実を突きつけなければなりません。

 

私は決して小池氏を擁護するために意見しているのではありません。ただ、安倍氏の政治の手法にNOを突き付けたいだけです。現在、誤った解釈や報道で小池都知事の足を引っ張ろうとしている意見があります。‥埓をまったくやっていない批判 国政に出ないのは政党の代表として無責任だ E毀吋侫 璽好汎發箚望の党での小池氏の横暴 などです。

 

,糧稟修紡个靴董∋笋枠狃の功績は道半ばであること、それに東京都議選で都議のドン内田氏を破ったこと、築地市場の豊洲移転に方向性を見出したこと、オリンピックの競技場の建設に関するどんぶり勘定な体質を露見できたことなどなど、石原都知事や舛添都知事では何をやっていたのか全く分からない都の行政に比べたらこの1年で節約という観点から考えると多大な影響を与えたと思っています。まず、最大の功績はドン内田自民党をたった一人の個性で破ったことです。建設業界と癒着し、豊洲市場やオリンピックの誘致などおそらく様々なところで内田氏の意向が働いたはずです。現に豊洲市場の電気関係類は内田氏の会社が引き受けることになっているのです。石原都政ではディーゼル車の規制や都が運営する新生銀行をつくりましたが、建設業界とはあまり関係ない、内田氏とは関係のないところで活躍していました。私利私欲を丸出しにした舛添氏は論外です!

 

△糧稟修紡个靴董△海寮党を作らざるをえなかったのは、解散があったからです。解散がなかったら、違った方向に進んだはずです。それに政党の代表(党首)が総理大臣にならなければならないという法律もありません。これはあくまで慣例です。にもかかわらず、自民党だけでなくテレビのわけのわからないコメンテーターでさえ選挙に出馬しない小池氏を無責任と責めるのです。「選挙に出てきなさい!卑怯ですよ!正々堂々と戦いましょう!」…卑怯なことをしてきたのは自民党です。正々堂々と戦わないのは自民党の戦法です。さらに、報道機関が追い打ちをかけます。「総理にならないのですか?」「出馬しないのですか?」と…小池氏は、まずは安倍政権を過半数割れにしようとしているだけで、総理の座はその次だと思っているはずです。その証拠に、小池氏は候補者を自分の身うちには対抗馬(刺客)を立ててないのです。都民ファーストの一部からは、都政無視の国政進出と言われていますが、きちんと公明党を尊重し、公明党の候補者の選挙区には対抗馬を立てていません。自民党の候補者ですら対抗馬を置かない選挙区もあるのです。その辺りは、義理を果たしているのです。もし、政権を取りたいのなら容赦はしないはずです。小泉政権の小泉チルドレンのように。さらに、都政と国政は別物という観念自体が間違っています。日本の場合はアメリカと違って州の力、つまり県の力はありません。明治時代から中央集権国家なのです。以前、橋本大阪市長もそこを変えなければ地方の活性化はありえないと「道州制」を打ち出したほどです。「地方から国を動かす」とこれまで何人の知事が公言してきたのでしょうか。誰もできませんでした。中央の岩盤が強すぎるのです。小池氏は長い国会議員生活の中でそのことを一番知っている人だと思います。だからこそ、地方と中央の政治を真っ向から改革するために動いていると思います。

 

しかし…またしても自民党だけでなく、2回生議員の謀反が起きました。音喜多駿と上田令子東京都議です。「言論の自由を奪われた」「情報公開が徹底」「都民ファーストこそブラックボックスだ!」???

の批判に対して、小池氏は希望の党では「リセット」と言い、都民ファーストでは「報道機関に出ないように」と厳しく緘口令をしきました。

今、まさに国を大きく変える転換期に足を引っ張る若輩の二人…飼い犬に手を噛まれる状況になってしまった。彼らは本当に今年の様々な政治家の失態をどのように見ていたのだろうか?稲田防衛大臣の選挙中の失言を代表するように、政治家は、自分が公言したことに責任を持つべき仕事なのです。だから、小池氏は選挙が終わるまで、都政でも、国政でも絶対多数をとるまで緘口令を敷いたのではないでしょうか?そう考えると、皮肉にも自民党の対応は見事でした。安倍氏のスキャンダルのよる政権転覆しそうな状況を、自民党みんなで黙秘を続け、ここまできたのです。素晴らしいと言わざるを得ません。それに比べ、野党の皆さんは支離滅裂、大同団結して自民党、安倍政権打倒しなければならないときに、自分勝手な行動をとる議員が多すぎます。そして、このチャンスを潰す馬鹿な若手議員たち、その代表例が山尾志桜里議員のスキャンダルでした。民進党幹事長に抜擢される直前に足元をすくわれました。それだけではありません。民進党そのものの崩壊にもつながりました。ひいては、国政にも影響を及ぼしているのです。彼女はその大きな責任を痛感しなければなりません。そして、都民ファーストの若輩者2人も同じ穴の貉(ムジナ)のようです。この大切な時に…こんなバカな政治家を選んではいけません。頭も、ルックスも、行動力もあるのに、肝心のタイミングや義理人情を知らない政治家はやはり政治の世界から去るべきです。そして、下半身の行儀が悪い政治家も締め出しましょう!!最近は、男も女もですね〜男女平等な社会とはこういうことなのか?

 

でも、希望と党の公約の一つに「普天間基地の辺野古移転を支持」しているのはすこし残念です。現実主義的な考えでありますが、唯一戦場となった沖縄県民の気持ちを察して欲しかったと思います。

改革 | 16:30 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/148



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.