塾の先生のつぶやき

<< 「文武両道」などありえない? | main | 注意してくいださい!本題をすり替える与党議員たち! >>
衆議院解散の暴挙!

衆議院解散!安倍首相隠蔽図る

 

北朝鮮の核問題に揺れる国際情勢の中、支持率を回復した安倍晋三が衆議院解散を

代表戦の人事で躓いた民進党の衰退化、離党者続出、都民ファースト支援の国政政党の準備不足を狙って、今なら野党に勝てる勝算ありと

 

公明党も母体の創価学会の信者を動員してそそくさと選挙活動に動き出す

 

すべてを棚上げ、安倍氏の妻が関与した森友問題、安倍氏自身の問題である獣医学部新設を巡る加計学園問題、臨時国会を無視した前代未聞の政治など異例ずくめの安倍内閣、集団的自衛権問題では強行採決、広島の知事をガッカリさせた国連での核兵器撤廃条約の調印を拒否した政府…どこを向いて政治をしているのか私には分からない。ただ、これだけははっきりしている。彼の政治は、有権者である国民みんなのためではないこと。一部の特定の人や団体のために動いていること。こんな人が1億2千万人のリーダーなのだ。

 

国民を舐めきっている

 

解散の前にやるべきことをやらない、これで自由民主党が圧勝したら、今年起こったすべての安倍氏を取り巻くスキャンダルが闇に葬られる。

 

安倍氏が今までにやってきたことをすべて否定するわけではない。アベノミクスによる経済の回復、賃金の上昇、企業の倒産件数や失業者の減少など一定の評価できる分野はあったはずだ。今回の安倍氏のスキャンダルも、法律には何ら問題ないのだから、国民に謝って、首相の座を一時下りれば済むことだったのに、事実を隠すことに奔走し、国家権力を私物化してここまで来た。そして、風向きが変わったら、解散、総選挙!

 

本当に日本国民として情けない。日本のトップが国民に謝罪しない。嘘を貫き通そうとしている。責任を一切取らない。悪いのは高級官僚(公務員)だと言わんばかり、そんな首相を庇うのもまたアホな公務員、そして、一部の大企業の経営者たち。

 

北朝鮮の核問題で手のつけようがないのと同様に、日本のこの政治体質も手のつけようがない。国民は手をこまねいて見ているだけなのか?結局、国民は国家権力に屈するしかないのか?

 

 港北学館に通っている生徒のお母さん、お父さん、そして、このブログを閲覧しているみなさん!真剣に考えて下さい。皆さんもいろいろな社会のしがらみで、会社から、または組織から圧力や恩恵を受けているかもしれませんが、社会正義を国民のものとするためには、各自一人一人が何が本当なのか、何が正当なのか判断して動くことです。宗教でもなく、民族でもなく、会社(組織)の意向でもなく、日本国民として判断をする必要があります。

 

小池百合子氏がすべて正しいわけではありませんが、「しがらみのない政治」とはそう言うことです。日本の政治は地方でも国政でも同じことが言えます。

 

横浜市長林文子は元ダイエーの社長であり、ホンダ自動車、BMW東京、日産自動車など自動車畑を歩いてきた人です。横浜市の地盤と会社組織の地盤をもっている政治家なのです。カジノの誘致や新市庁舎の建設など横浜市民に負担をかける政策ばかり実施しようとしています。それでも、投票率の低さや話題性のなさで、組織票を持った彼女は他の候補者を圧倒してしまうのです。

地盤・看板・カバン…こういう「しがらみ」だらけの政治やめて、地方自治を住民のものにするためには、みんなが選挙に行って投票するしかないのです。自分のためだけでなく、国民みんな、地域住民みんなの政治をとりもどすために行動するように願うばかりです。

 

「ダメなものは駄目なのです!」…「黒を白にはできないのです」

 

「勝てば官軍、負ければ賊軍」という理論を推し進めてきた政治にNOをつきつけましょう!

改革 | 09:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/147



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.