塾の先生のつぶやき

<< 森友学園について思うこと | main | 官僚VS官邸(官僚の反乱と安倍内閣の横暴) >>
泣いて馬謖を斬る

官僚政治を支える安倍政権「泣いて馬謖を斬れない首相」

 

憲法制定70周年を迎え、憲法改正論議が活発化し、改憲を唱える超党派の政治家たちが安倍政権のもと気勢を上げている。

中国では人権擁護団体の弁護士たちが逮捕され、秘密裁判にかけられたと法治国家の難しさを報道していた。

近代国家とは、歴史的には様々な市民革命を通じて、国家の権力を、一部の王様、または皇帝などから市民のものにした歴史のもとで成立した法治主義の国家の事だと考えます。法が国家の元首よりも上、つまり、法の権力によって世の中が動くことを意味します。

世界史を教えている私にとって、中国の歴史は広大な領土を支配するために、いつの時代も科挙(試験)による人材の登用制度を利用し、優秀な官僚による政治が連綿と続いてきた。しかし、官僚が腐敗する(権力闘争や私腹を肥やす)と政治が乱れ、農民反乱が起き次の時代を迎えるということが繰り返されてきた。現在の中華人民共和国も、共産党という一政党が国家の公務員的役割を担い、共産党の理念を維持するために政治・経済・文化が行われている。法による支配はもちろん中国にも存在するが、その上に共産主義が根底にあるので、自由主義的な思想や共産主義を否定する思想は排除されているのが現実である。中途半端な法治国家と言わざるをえない。

では、日本はどうか?そのまえに、日本も公務員になるためには国家試験を受けなければならない。戦後70年間同じことをしてきた。中国の科挙みたいだと私は思っている。

そして、日本の政治は、その国家公務員上級試験を通過した高級官僚がすべて動かしているのである。決して国会議員ではない。内閣総理大臣を中心に政治が動いていると思っている人が多いと思うが、現実は官僚政治である。だから、安倍総理が選んだ大臣が次々と失言を繰り返すのである。つまり、日本の国務大臣は、お飾りにすぎない。官僚が彼らを支えているのである。当選回数が多い人から大臣が選ばれるのが日本のひな壇の現状である。その部署に精通している、研究しているからとか、その部署をぜひ改革したいとかいう大臣は誰もいないのである。日本の国防を守る大臣が何の経験も実績もない女性の稲田氏になるのである。彼女はただの弁護士だ!(トランプ大統領に無能な防衛大臣と呼ばれた)各大臣についている優秀な、キャリアと呼ばれる国家公務員(官僚)以下が日本の政治をしているのである。

森友学園の問題でも、テロ対策の「共謀罪」の問題、集団的自衛権の問題でも、南スーダンにおけるPKO派遣の問題でも、すべてが大臣の後ろにいる官僚たちの結論ありきの答弁で終始する。問題なのは法律を守るべき公務員が法律を無視して、既成事実を作り上げ、法律を無力化していることなのです。法律は国会で作られます。国会には国民から選ばれた国会議員がいます。その国会議員がつくった法律を、無視して官僚政治が行われているのです。

安倍首相は、2020年日本国憲法の第9条を改正し、自衛隊という国防軍の存在を明確にしようと模索しています。この件については私もそろそろ変更したほうが矛盾しないでいい(戦力不保持⇔自衛隊は?)と思っていますが、その手続きの仕方が問題なのです。憲法や法律を無視した官僚的な手法をまずは改めなければなりません。そして、最高裁判所の判事の方々、違憲立法審査権をもちながら、微妙なところはいつも「高度な政治判断なので」と逃げまくっている有様。現在の安倍政権は高級官僚とともに歩んでいるのでなかなか潰されないのです。公務員を懲らしめる政策などひとつも見当たらない。民主党政権のときは、次々と各大臣の不利な情報を内部からリーク(漏らす)して官僚主導の政治を奪還しようとしていたのに…

少し話は飛躍しますが、借金大国日本、1000兆円もと財務省が声高に…社会保障費が足りない、日本の年金制度が危ないと厚生労働省が声高に…だから、国民の皆さん誠に申し訳ありませんが税金を上げましょう!外国並みに!そうしなければ国が破たんします!と…国民を煽る!

まずは、公務員の無駄な天下りをなくせば!高級官僚や政治家の給料を下げれば!無駄な公共事業を止めれば!公務員優遇の年金制度を民間と同じにしたら?新幹線があるのに、リニアモーターカーはいるの?税金は上げてもいいけど北欧並みに教育費や医療費は無料にしてくれるの?なぜ、医療関係と福祉関係の経営者が利益を貪っているの?

官僚の皆様増税の前にやることがたくさんあるよ、政治家の皆さん国民目線で公務員を監視して彼らの言いなりにならないように、しっかり勉強して法治国家を守りつつ、真の民主政治を実現してください!

森友学園の問題も、安倍さんが責任を取って、「忖度」をした官僚に罰を与え、国民に謝罪し、二度とこのような「忖度」が行われないようなシステムを作りますと言えばあっという間に済むことなのに…何故、籠井家氏をそんなに拒否するのか分からない。結局、関係を否定しているから、官僚の皆様も安倍氏を庇うために「しどろもどろ」になった答弁をすることになる。中国の三国時代の蜀の孔明が「泣いて馬謖を斬る」ということ安倍首相も知っているとおもうけどなあ?彼は官僚を守っているの?安倍政権を守っているの?

とら | 21:39 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/137



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.