塾の先生のつぶやき

<< 基礎体力の低下…あなたのお子さんは大丈夫? | main | 「自分で勉強したら」パート2:親の決断編 >>
自分で勉強したら?

自分で勉強できないエリートたち

港北学館が目指すもの!それは自立した人間に育てること!

いつまでも親のスネをかじって生きている馬鹿な子供にしない

ために、勉強や色々な体験を通して生き方を学ばせます。
 

最近、こんな話がありました。

 

慶應義塾大学では、公認会計士になるために、大学2年から

専門学校に通うらしいのです。いわゆるダブルスクールです。

大学卒業前に資格を取得して、就職に備えるそうです。

そのために、親はバカ息子や娘に大学費用以外のお金をつぎ込む

のです。お金持ちのなせる業ですね…

 

512日付 こんな記事がインターネット上に載りました。

 

「今年度の法科大学院入試で、54校のうち93%にあたる

50校で定員割れだったことが、文部科学省の調査でわかった。

 定員割れの学校が9割を超えたのは3年連続。

 今年度入試では新たに13校が募集を停止し、54校の

総入学定員は3169人。受験者数は9351人で、法科大学院

が創設された2004年度以降初めて1万人を割り込んだ。

受験者数を合格者数で割った実質的な「競争倍率」は

1・87倍で、過去最低となった。

 実際の入学者は2201人で、定員充足率は平均で69%。

大学別で定員充足率が最も低かったのは愛知学院大の5%で、

定員20人に対して入学者は1人。静岡大と東洋大はともに

10%で、いずれも定員20人に対し入学者はそれぞれ2人

だった。これら3校を含む計5校は、来年度からの募集停止

を発表している。   読売新聞社511日掲載」

 

司法試験の合格者定員を絞ってきた法曹界も、弁護士不足

から年間3000人の弁護士をつくると意気込んで新たなしくみ

を創設して、およそ10年、結局うまくいっていない現状が

露呈した。

詳しい事情を調べていないが、私が考えるに、弁護士試験に

合格するために昔は6浪するのが当たり前の世界だった。

みんな図書館通いして、独学で勉強をしていたものです。

そこに目をつけた政府関係者、どうせ浪人して勉強している

のなら、大学にお金を落としてもらいたいと、制度化した

ふしがある。

私からすれば結局金儲けのために作った法科大学院制度

文部科学省?法務省?の肝いりの司法制度改革だったが、

やはり失敗???

政府の読みの甘さ、結局、手かせ足かせが多く自由度がない

しくみになり、司法試験が昔より受けづらくなった。

大学院へ行っても合格できないのなら、無駄な金を払いたく

ないのが真情。

 

私の知り合いは、早稲田大学の教育学部出身だったが、

一念発起して塾の教師から、弁護士を目指して自分で働き

ながら勉強し、本当に6年目で合格、現在横浜で弁護士を

しています。

もう一人の知人(この方も私の同僚)は36歳から独学で

勉強し40歳で大学医学部へ合格、現在、精神科医をして

います。

 

そうです。私が言いたいのは、自分で勉強すれば、他人に
頼らなくても夢はかなう。

ということです。最近の風潮として、すぐに誰かにすがって

生きていこうとする人が多いように思えてなりません。

慶應のダブルスクールの話も、法科大学院の話も、

日本のエリートと呼ばれる人たちでもこのざまです。

 

港北学館は、「自分で勉強できる人を育てたい」

そのために、勉強の方法を伝授しているのです。

勉強の方法がわかっている人は、どこへ行っても、何を

やっても困ることはありません。

自分で努力することを一番知っているからです。

確かに、人から学ぶことは大切です。

その学んだことを、自分のものにして、発展させていくのは

自分自身の力なのです。

教育とはこの力(自立学習力=自分で勉強する力)を子供

たちに身に着けさせることだと私は信じています。

そのためには時間と労力が必要です。
何卒、ご理解とご協力を
お願いします。

教育 | 11:47 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/121



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.