塾の先生のつぶやき

<< イスラム国について思うこと | main | 3月7日 説明会で言いたかったこと >>
自己中心的な子供が増えた?
「自己中心的な子供が増えた?」…問題提起編
     …子育ての失敗とは?
 
名古屋大学の女性(19歳)が「幼い頃から人を殺してみたかった」
という理由で77歳の女性を殺害した。
和歌山県で起きた小学生(5年生)殺害事件の犯人の父親は高野山
大学の教授で、僧侶、次期学長候補だった。そんな父親をもつ
22歳の無職の男性の犯行だった。
最近、「殺してみたかった」という利己的な理由で単純に人を
殺害する(願望を持つ)人が増えている。
そして、その犯人の家庭環境は、貧困ではなく、片親でもなく、
両親や兄弟もいるごく普通の家庭なのです。さらに、学力的にも
何の問題のないこちらも普通の人間なのです。
貧困が原因であったり、交際や仕事関係などでおこった恨みや
仕返しという動機ではないのです。
 
ごく普通の学歴があり、お金に困っていない人たちがなぜ
「人を殺したくなる」のか?
いずれの事件も警察・検察の取り調べをし、裁判が行われ
判決が下され、刑が確定し容疑者は刑務所へ服役するだけだ。
この件に関する親の育て方や接し方などの検証はまったくされ
てない。テレビのワイドショーで勝手なコメンテーターがその
意外性のある事件に個人的な感想を述べているだけである。
自分の子供が犯罪を犯す可能性は誰にでもあるのだという認識が
多くの親にないのではないのだろうか?他人事、他人様のことだ
と、自分には全く関係ないと感じているのかもしれない。
自己中心的な家庭が増えてきているのか?
昔は「向こう三軒両隣」のご近所は親しく家族ぐるみの付き合
いをしてきた。地域みんなで子供を育ててきたのです。
 
最近の東日本大震災の復興の件や沖縄辺野古の基地移設問題に
ついても、また、イスラム国の日本人殺害事件も他人事で、
政府の対応に異議や不満を言わない、行動を起こさない、
無関心で他人事だと思っている人たちが多いように感じられる。
自分で危険地域に行ったのだから、自業自得だ!
と言わんばかりに。
それは個々の地域や利害関係のある人たちは行動して
いるのに、国民的規模でその運動が広がりを見せないからだ。
色々な考えや賛否両論があって当然であるが、ネット上で
意見を書き込んでも事は動かない。(私も含めてであるが…)
 
実は最近、このちっぽけな学習塾でも利己的な子供が増えたと
感じている。もちろん、少子化や一人っ子が増え、親の愛情を
独り占めできる環境が整っていることは事実だ。
親は誰しも自分の子供を利己的な(自己中心的な)子供に育て
ようとは思っていないはずである。周りのみんなと仲良く
協調して生きていってほしいと願っているはずだ。
「いじめ」にあって欲しくないし、「いじめる」側にもなって
欲しくないと思っているはずだ。だから、
子供がそういう態度をとったとき必ず叱っているはずである。
にもかかわらず、他人から見て自己中だと思われる子供が多く
なってきたのはなぜか?
 
私が最近感じている利己的な子供の言動…
問題やその答えに文句を言う生徒が多い。
「この答えおかしいよ!」
「こんなふうに普通答えないし…」
勝手に授業に関係ないおしゃべりを授業中にする生徒が多い。
女子だけでなく男子もよくしゃべる。
当然、静かに取り組むように促しているが、一瞬だけしか
続かない。また、誰かがおしゃべりを始めると連鎖が起こる。
尊敬する人がいない。現在の子供たち。
尊敬するという感覚も概念も知らない、わからないのかも
しれません。
親を怖がらない子供たちの増加。
「怒っても怖くないし〜、逆切れするから」
「殴られたら殴り返すし…」…唖然!
親を親と思っていないふしがあります。
言われなければ玄関内の靴を整えない子供の増加
私の母親が授業中に帰宅し、よく生徒の靴を整えてくれて
いるのですが、毎回、整理されているのに自分から気づいて
整えようとする人が少なくなったということです。
靴を脱ぎっぱなしで教室に入り、授業後帰宅するときには
きれいに整頓されているのに気付かないのです。
言われたからやるのではなく、気づいたから自らするのです。
だから、あまり直接注意しないで見ていたのですが…
 
上の例はすごくちっぽけなことかもしれません。そのことで
勉強ができないとか、世の中に出ていけないとはいいません。
が、どうなのでしょうか?
 
利己的な人、自分中心の人が何故生まれるのか?
そして、様々な事件を引き起こすのか?
昔は子供を見れば親がわかる。その逆も…しかし、最近は
まったくわからないのです。そのことが問題だと思うのです。
親はいたってまともな普通の人なのに子供が犯罪を犯す。
何不自由ない生活を過ごしてきたのに、愛情をたくさん
注がれてきたはずなのに、なぜ子供たちが犯罪を犯すのか?
 
「子育てに失敗はない」と言う教育学者はいますが、果たして
そうでしょうか?
もし、自分の子供が人様に傷(いじめ)をつけたりしたら…
自分の子供がニートになって引きこもりになったら…
(自立していない大人の形成)
自分の子供が親(自分)や肉親を殺したら…
これこそ、子育ての失敗ではないでしょうか?
よく芸能人の子供が麻薬・恐喝などの犯罪に手を染めます。
「もう、大人なんだから、それは親の責任ではないよ…」と
言う人がいます。
(テレビのコメンテーターなどがよく言います)
しかし、子供は親にとってはいつまでも子供なのです。そして、
親は死ぬまで子供の親なのです。この関係は決して切れません。
ですから、子供の教育は大切なのです。
そして、その責任は大きいのです。この重さを最近の親は
忘れているように私は感じています。
 
では、どうすればこのような自己中心的(利己的)な成人が
誕生したのでしょうか?… 
 
To be continued…..
 
 
子育て | 07:41 | - | trackbacks(0) | - | - |
http://blog.kohokugakkan.com/trackback/117



CALENDER
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site.